疲れて倒れ込む男性

あれっくすあれっくす

最近パチンコやパチスロを打った後に凄く疲れるようになったなー。若い頃はこんなこと滅多になかったのに・・・(遠い目)。パチンコやパチスロ打った後は何故こんなに疲れるんだろう?何か良い対処方法はないだろうか?

この記事では、そのような疑問に対してお答えします。

僕はほぼ毎日のようにパチンコやパチスロを打っていますが、パチンコパチスロを打った後はやはり疲れます。特に朝から閉店まで終日打った後は結構ヘトヘトになります(*_*)

若いころはそこまで疲れを感じることはなかったのですがね。まぁ、僕ももうアラフォーなんでね。加齢には勝てません・・・。

それでも、僕がまだ現役で毎日パチンコやパチスロを打ち続けられているのは、僕自身がパチンコパチスロで疲れにくくなる工夫や疲れを極力残さないような対処を行っているからです。

この記事では、僕が行っているパチンコパチスロの疲れを改善する対処方法を、パチンコパチスロで疲れる理由と共に書いていきたいと思います。

記事の内容:
現役のパチスロプロがパチンコパチスロで疲れやすい理由とその対処方法を詳しく教えます。
☆記事を読めばどうなる?☆
パチンコパチスロで疲れる理由を知り、それに適切に対処することで疲労感の改善に役立ちます。

パチンコパチスロで疲れる理由と対処方法

良いアイデア
では早速、パチンコパチスロで疲れる理由とその対処方法を紹介していきます。

あなたが疲れる理由として思い当たることがあったら、ぜひ紹介している対処方法を試してみてください。

1.パチンコ屋の中の大きな音で疲れる

パチスロ台やパチンコ台の音はとにかく大きくてやかましいです。

大体のパチンコ屋では、何でこんなに大きいの?と思うくらいの音量に設定してあります。爆音で客の耳を刺激することで中毒性を高める狙いでもあるのでしょうか?

まー、それは置いといて、うるさい大きな音の中に居続けると非常に疲れます

例えば、ライブやコンサートに行った後に凄く疲れたという経験をしたことはありませんか?あれもパチンコ屋の中と同じで、大きな音を浴び続けることで疲れているんです。

一説によると、パチンコ屋の中の騒音環境は鉄道が通過している高架下と同程度らしいです。何時間も鉄道が通過している高架下に居ると思ったらゾッとしますよね(ll゚д゚)

加えて、ずっと大きな音の中に居続けると徐々に耳が聞こえづらくなり、最悪の場合は難聴になってしまう危険性さえあります。

対処方法:耳栓で耳を守る

パチンコ屋の中の大きな音から耳を守るには、パチンコパチスロを打つときには必ず耳栓をして、大きな音から耳を守ることです。

耳栓ならモルデックスのものが遮音性も高くコストパフォーマンスも良くておすすめです。100均の耳栓は遮音性が高くなく価格も割高でおすすめできません。

また、もし耳栓は格好悪いから嫌だという場合は、何も音楽を流さないイヤホンだけ付けておいてもOKです。イヤホンは遮音性は耳栓よりも若干劣りますが、何も付けていないよりは断然マシです。

2.精神的な疲れ

パチンコパチスロは自分の大事なお金を使って遊ぶものなので、もし負けてしまったときには精神的にかなりの負担がかかります。

例えば、一生懸命働いて稼いだお金を僅か2,3日で全て負けてしまったら、あなたはどう思うでしょうか?かなりの精神的ダメージを受けますよね?

このように、パチンコパチスロで負けたときには、人は精神的に大きなストレスを感じてしまいます。ストレスは心身に様々な悪影響を与えるので、パチンコパチスロ後の強い疲労感もストレスによるものかもしれません。

対処方法:熱くなったりのめり込みに注意する

ストレスによる疲労感を改善するには、できるだけ精神的なストレスを感じないように、パチンコパチスロにのめり込み過ぎないように注意するしかありません。

パチンコパチスロはあくまでも遊びの一環だということを忘れないようにしましょう。

また、もしあなたが精神的な疾患(うつ病やパニック障害など)を患っている場合は特に注意しなければなりません。パチスロで負けたことによる精神的なストレスは、そういった疾患をより一層悪化させる危険性があるからです。

したがって、ストレスを感じやすかったり、精神疾患などを患っている場合は、症状がある程度改善するまではパチンコパチスロは当分の間お休みしたほうが良いでしょう。

3.眼精疲労で疲れる

パチスロはリールを見て目押しをしなければならないので目が疲れます。目押しが不要な機種ではまだマシですが、アクロス系やサザンアイズなどの2コマ目押しやビタ押しが必要な機種では凄く目が疲れます。

また、最近のパチンコは液晶演出が派手な台ばかりになりました。そのようなピカピカとむやみやたらに光る液晶演出が激しい台を近くで見続けていると目はとても疲れます。

加えて、液晶から発するブルーライトは目に良くないことが知られています。ブルーライトは目以外にも睡眠障害や精神疾患の原因になるとも言われています。

近くを見ることやブルーライトによる眼精疲労は、目以外にも頭痛や肩こりなどを起こす原因にもなるので、慢性的な頭痛や肩こりは眼精疲労が原因かもしれません。

対処方法:サングラスやブルーライトカット眼鏡で目を守る

眼精疲労をできる限り軽減するには、パチスロを打つときにブルーライトカット眼鏡をかけて光から目を守ってやることをおすすめします。

JINSのブルーライトカット眼鏡なら、見た目はオシャレ眼鏡で全く違和感はなくおすすめです。ブルーライトカット眼鏡ではなくサングラスでも光の眩しさは軽減できると思います。

また、パチスロを打った後には目の周辺をホットアイマスクや暖かいタオルなどで温めて、目の周りの筋肉の緊張をほぐしてやると尚良いでしょう。

4.身体の血行が悪くて疲れる

パチスロを打っているときは基本的に座りっぱなしなので、身体の血行が悪くなりがちです。

血行の悪化は身体の疲労感や怠さを感じる大きな原因の一つで、肩こりや腰痛を引き起こす原因にもなります。

対処方法:適度に席を立って水分補給をする

身体の血行の悪化を防ぐには、座りっぱなしの状態をできるだけ避けなければなりません

パチスロに熱中していても、たまに席を立って歩いたりトイレに行って体を軽く動かすなど、できるかぎり血行を悪くさせない工夫をしましょう。

また、血行を良くするためにこまめな水分補給も大切ですし、タバコを吸うことは血行を悪化させるので喫煙者はタバコの吸い過ぎに注意が必要です。

後は、パチスロを打った日の夜には必ずお風呂に浸かる習慣を付けましょう。

パチスロ後に血行が悪化している体を入浴して良くすることで、翌日以降に疲れを引きずりにくくさせることができます。

5.常に同じ姿勢で疲れる

これは血行が悪いということにも近いのですが、パチスロを打っているときにはずっと同じ姿勢のままになりがちです。

例えば、あなたにも右足を上にして足を組む癖や、気づいたら前かがみになってしまうという癖などが一つくらいありませんか?私にも左足を上にして足を組んでしまうという悪い癖があります。

しかし、そうやって同じ姿勢のままで長時間座り続けていると、腰や背中、首などに大きな負担がかかります。そして、その負担が続けば、腰痛や肩こり、体の痛みなどの不調が起きやすくなります。

対処方法:できるだけ正しい姿勢を意識する

これを防ぐには、意識して自分の姿勢を正し続けるしかありません。意識して姿勢を正すのは面倒臭いですが、残念ながら他に特別に裏技的な方法はありません。

初めのうちはどれだけ意識していても、気が付けば元の悪い姿勢に戻ってしまっていることが多いでしょう。それでも、何度も意識して姿勢を正すことを繰り返すうちに、少しずつ慣れて姿勢も改善されてくるはずです。

6.タバコの煙で疲れる

パチンコ屋の中はタバコの煙が充満しているので、とても空気が悪いです。最近では全館禁煙のパチンコ屋も徐々に増えてきていますが、残念ながらその数は多くはありません。

ご存知のように、タバコには様々な有害物質が含まれています。特に、喫煙者が吸うタバコの先から出る副流煙は、喫煙者が直接吸い込む主流煙よりも多くの有害物質が含まれていると言われています。

そして、タバコの有害物質を身体に取り込むと人は疲労感などの様々な不快感を覚えます。酷い場合には、ガンや心筋梗塞、呼吸器障害にかかるリスクを高めることもあります。

このように、タバコの煙は”百害あって一利なし”なので、できる限り吸わないようにすることが一番ですが、パチスロを打つ限りはタバコの煙から完全に逃れることは難しいことです。

対処方法:マスクで煙から身を守る

ですので、対処方法としては、パチンコ屋の中ではマスクをして、できる限りタバコの煙を吸わないように注意するくらいしかありません。

近くに禁煙のパチンコ屋があれば、そこでパチスロを打つのが最も良い方法なのですが、あまり数が多くないということが難点です。

実際に付けるマスクは、自分の顔にフィットするようにサイズ選びには注意しましょう。サイズがゆるゆるだとマスクの隙間などからタバコの煙が入ってきます。

また、タバコの煙に強いマスクなども販売されているので、そういった商品を使ってみてもよいでしょう。

7.ご飯抜きで疲れる

パチスロを打つのに夢中になるあまり、昼ご飯抜きで閉店までパチスロを打つ人も中にはいるでしょう。

私も20代の頃までは、高設定台を掴めば昼ご飯抜きで終日回したりしていましたが、アラフォーになった今では昼ご飯を食べずに終日回すことはめったにしません。

その理由は、昼ご飯を食べないで終日パチスロを打つと無茶苦茶に疲れるからです。

やはり年には勝てません。特に何もしなくても体力がある若い頃には平気なことも、年を取って体力が低下してくると次第にできなくなってきます。

対処方法:適度な休憩と適度な運動を

ですので、パチスロで疲れる方でお昼ご飯を食べていない方は、お昼には休憩をして昼ご飯を食べるということを心掛けてみてください

それだけのことで、パチスロ後の疲れの感じ方は大きく変わるはずです。

また、30代を過ぎると段々と体力は低下していくので、意識して体力維持のために運動をすることも大切です。

運動と言っても、そんなにたいそうなことをする必要はなく軽めのジョギングやウォーキングなどの適度な運動で十分です。

8.不規則な生活で疲れている

パチスロを打っている人の中には生活が不規則な人が多いような気がします。

昼はパチスロで夜は麻雀という遊び人のような生活を送っている人が、あなたの周りにも一人くらいいるかもしれません。

対処方法:しっかりとした睡眠をとる

生活リズムが不規則だと慢性的に睡眠不足になりやすく、それが原因でパチスロ後に疲労感を感じやすくなっているのかもしれません。

慢性的な睡眠不足は、脳や健康、美容などの多くのことにに悪影響を与えます

睡眠不足を改善するには、生活リズムを規則正しく戻すことが一番です。たまには夜の麻雀はお休みにして、パチスロ後には真っすぐ家に帰りお風呂に入ってゆっくりと眠るようにしましょう。

やはり加齢には勝てない

時計を持つおじいさん
ここまで、パチスロで疲れる原因とその対処方法について長々と説明してきました。

とりあえず、この記事に書いたパチスロで疲れる原因を理解した上で、僕が紹介した対処方法などを試してもらえれば少しはパチスロ後の疲れは少しは改善するはずです。

僕的には、パチスロ後に毎日入浴することが一番大切だと思っています。入浴前後にストレッチをすればもっと良いですね。

ただ、どうやっても加齢には勝てませんね。僕ももうアラフォーなので、体力的なことも含めて色々と限界が近いと思っています。

どれだけ頑張ったとしも、スロプロとしてやるには50才くらいまでが限界かなーと思っています。

現在パチスロプロの方へ

昇る太陽
最後に、少しお節介になりますが、今現在僕と同じようにパチンコ・パチスロで生計を立てている方に対して忠告させていただきことがあります。

それは、もしあなたが今パチスロプロとして食べていられたとしても、今後パチスロプロとして食えなくなった時にどうするのかをしっかりと考えておこうということです。

お前に言われなくても考えてるよ!って方なら大丈夫だと思いますが、全く何も考えていない人が居たとすればそれはとても危険なことです。

正直に言って、パチスロプロはいつまでも続けられるわけではありません。個人差はあると思いますが、誰であっても体力的な限界が絶対に来ます。

今のように、朝起きてホールに並んで一日中打ち切るという当たり前のことが、この先当たり前にできなくなる可能性の方が高いです。

僕自身もそうですが、パチスロプロとしてそれなりの年になってきた人は、そういったことに対して現実的に向き合って考えなきゃダメだと思います。

もちろん、パチスロプロで食べられなくなったら野垂れ死んでも本望!という方ならそのままで良いとは思いますが、そんな根性のある人は少ないと思うので・・・。

僕も現在、パチスロプロをやりながらコツコツと株に投資したりして、パチスロプロとして食えなくなったときの備えをしています。

もし心当たりにある方がいれば、今日から少しずつでも真剣にパチスロプロで食えなくなった自分について考えてみてください。そして、その考えたことを少しずつ実行に移しましょう。

偉そうなことを言っていますが、僕も未だにこんな生活をしているので常に将来が不安です。大きなお世話に聞こえるかもしれませんが、同じパチスロプロからの愛のある忠告だと思っていただければ幸いです。

それでは、この記事は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m