頭痛で悩む男性

  • パチスロを打っている時に頻繁に頭が痛くなる・・・
  • パチスロを打った後には決まって頭が痛くなる・・・
  • 頭痛が起こるのが怖くてパチスロを思いっきり楽しめない・・・

など、

この記事をお読みになっているあなたは、以上のような悩みをお持ちではないでしょうか?

でも安心してください。あなたのようにパチスロで頭痛の悩みを抱えている人は決して珍しくはありません。

というのも、実はパチンコ店の中は頭痛を引き起こす要因いっぱいの最悪の環境だからです。

ですので、特別な対策もせずにパチンコ店に出入りし続ける限り、あなたの頭痛はこの先も起こり続ける可能性が高いと言えます。

自己紹介が遅れましたが、私は現在、ほぼ毎日パチンコ屋に出入りしている現役パチスロプロの”あれっくす”と申します。

この記事では、そんなパチスロプロの私がパチスロで起こる頭痛の原因とすぐ簡単にできるパチスロで起こる頭痛の対処方法をお伝えさせていただきます。

なぜパチスロで頭痛が起こるのか?


はじめに、パチスロで起こる頭痛の対処方法をお伝えする前に、なぜパチスロを打っていると頭痛が起こるのかについて簡単に説明させていただきたいと思います。

※そんな回りくどい説明はいいからさっさと頭痛の対処方法教えろ!っていう方は、この箇所は飛ばしてすぐ簡単にできるパチスロの頭痛の対処方法からお読みください(;’∀’)

パチスロを打っていて頭痛が起こる原因は、”パチンコ屋特有の環境”と”パチスロを遊技することによる身体的な問題”にあると僕は考えています。

パチンコ屋という特有の環境が原因

まず、パチスロで頭痛を起こす原因として、”パチンコ屋の中の特有の環境”が考えられます。

  • 強烈な騒音
  • パチンコ屋の中の騒音環境は電車が通過している高架下と同レベルと言われています。轟音を立てて走る電車が通過している高架下に長時間居るとすれば、頭痛が起こっても不思議ではないですよね。

  • 多量のたばこの煙
  • パチスロ遊技者には喫煙者が非常に多いです。喫煙者の方には大して気にならないかもしれませんが、私を含めた非喫煙者にとって多量のたばこの煙は頭痛を誘発する超危険物質となります。

  • 眩しい光
  • 私は片頭痛という持病持ちですが、眩しい光は頭痛を引き起こす原因の一つなんです。したがって、台から激しく発する眩しい光で頭痛が誘発されている可能性は大いに考えられます。

このように、パチンコ屋の中はあなたの頭痛を引き起こす原因がいっぱいの最悪な環境なんです。

パチスロを打つことによる身体的な問題が原因

また、パチスロで起こる頭痛は、”パチスロを遊技することによる身体的な問題”が原因になっているとも考えられます。

  • 同姿勢による血行不良
  • パチスロを遊戯している最中は同じ姿勢で座りっぱなしになります。このように長時間、同姿勢で座りっぱなしを続けると身体の血行が悪くなり、頭痛や肩こり、腰痛を誘発する原因になります。

  • 目押しによる眼精疲労
  • パチスロでは目押しが必要です。目押しのために長時間目を酷使すると眼精疲労を起こし、頭痛が誘発されることがあります。

  • 加齢による体力低下
  • 20代までの頃と比べて30代以降は何だか疲れやすくなったという人も少なくないのではないでしょうか?加齢による体力低下が原因で、長時間パチスロを打った後に頭痛が起きやすくなっている可能性もあります。

  • 過度なストレス
  • ストレスは身体に様々な悪影響を与え、頭痛も例外ではありません。私もパチスロで負けているときに感じるストレスが原因で頭痛を起こすことが少なくはありません。

以上のような身体的な問題によって起こる頭痛は、特に長時間パチスロを遊技することによって起こることが多いです。

すぐ簡単にできるパチスロの頭痛の対処方法


では、ここからはすぐ簡単にできるパチスロの頭痛の対処方法を具体的に紹介していきたいと思います。

パチンコ屋特有の環境から起こる頭痛への対処方法

まずは、パチンコ屋特有な環境が原因で起こる頭痛への簡単にできる対処方法からご紹介します。

耳栓で騒音から耳を守る

パチンコ屋の中の強烈な騒音で起こる頭痛に対する最も効果的な対処方法は耳栓をすることです。

私の体感ですが、耳栓をすることでパチンコ屋の中のうるさい不快な音を7割くらいカットしてくれます。耳栓で不快な騒音から耳を守ることで、頭痛が起こる頻度を減らすことができます。

「耳栓は格好悪い」とか「プロみたいで嫌だ」と思われる方は、耳栓の代わりにイヤホンを耳に付けるだけでもOKです。耳栓に比べれば遮音効果は低くなると思いますが、何もつけないよりは断然マシです。

耳栓はどんなものでもOKですが、100均のものは割高なのでネット上でペアで売っているものがおすすめです。僕は遮音性が非常に高いMOLDEXの耳栓を愛用しています。

耳栓はパチスロで起こる頭痛を予防する以外にも、騒音から耳を守ることで全身の疲労感を軽減する効果もあります。費用も大してかからずに簡単なので、今すぐに試してみてください。

マスクをしてタバコの煙から身を守る

たばこの煙への最も効果的な対処方法はマスクをすることです。

これについては普通の対処方法ですが、たばこの煙に対してはマスクをする以外に正直良い方法がありません。

ただし、マスクをしていても隙間から煙は入ってくるので、できるだけサイズのフィットしたマスクを付けた方が良いでしょう。一番効果がありそうなのは、ネット上で売られているガスマスクみたいなマスクですけど見た目が強烈過ぎてオススメできません…

↓こういうマスク(*_*;
粉塵用マスク

僕は一応タバコの煙にも効果があると言われている使い捨てマスクを愛用しています。

1つ明るいニュースとしては、受動喫煙法案によって2020年からパチンコ屋の中も原則禁煙になるということですので、非喫煙者の方にとってはもう少しの辛抱です。

サングラスやブルーライトカット眼鏡で目を守る

パチスロ台から発する眩しい光への効果的な対処方法はサングラスをすることです。

そういえば、パチスロプロ兼ライターの”ガリぞうさん”もパチスロ稼働中はサングラスをされていますね。聞くところによるとガリぞうさんは若干色弱気味らしいので、光から目を守るためにサングラスをされているのかもしれません。

もし、パチンコ屋の中でサングラスをかけるのが恥ずかしいという場合は、ブルーライトカット眼鏡でも良いと思います。ブルーライトカットの眼鏡にはJINSの眼鏡のようなデザイン性の高いものも多く、できるだけ薄い色のレンズを選べば普通のオシャレ眼鏡にも見えますしね。

後、最近のオリンピアなどのパチスロ台には光量の調節機能が付いているものもあるので、こういった機能が付いている場合は光の量を少なく調整すれば眩しさは軽減されます。こういったユーザー目線の機能がついてパチスロ台がどんどん増えてくると良いですね。

身体的な問題から起こる頭痛への対処方法

次に、身体的な原因に対する対処方法です。

適度に席を立って身体を動かす

血行不良の対処方法は適度に席を立って体を動かすこと。

飛行機に長時間乗っていた人がエコノミークラス症候群という病気になってしまうことがありますよね。エコノミークラス症候群は狭い場所で長時間同じ姿勢で居ることで血行が悪くなり、血液中に血栓ができることで身体に不調を起こす病気です。

パチスロに熱中して同姿勢で長時間座りっぱなしでいるというのも、まさにこれに近い状態になっているのではないかと思います。さすがに血栓ができるまでになることは滅多にないと思いますが、体中の血の流れが悪くなって頭痛や肩こりを引き起こしていることは間違いないでしょう。

ですので、どれだけパチスロに熱中していたとしても2,3時間に1回くらいは席を立って身体を動かしたほうが良いでしょう。もし脳の血管内に血栓ができて、普通の頭痛かと思ったら脳梗塞だったとかはシャレになりませんからね・・・。

もし人前で身体を動かすのが恥ずかしい場合は、少し狭いですが個室トイレの中で肩を回したりすると良いでしょう。

また、できるだけお風呂に浸かるということも大切です。

私は長い間スロプロをやっていますが、入浴した翌日とそうでない人では疲れの取れ方が明らかに違います。毎日シャワーで済ましているという人は、2,3日に一回でもいいのでお風呂に浸かる習慣を付けてみてください。疲れが取れることで頭痛が起こる頻度が減るかもしれませんよ。

適度に目を休ませる

目を酷使することによって起こる眼精疲労への対処方法は、適度に目を休ませることです。

とは言っても、パチスロを打ち続けている限りは適度に目を休ませることは難しいですよね。例えば、目押し頻度が高いAタイプのパチスロを打ってるときは、中々目を休ませることができないと思います。

そこで私がおすすめする方法は、定期的にパチンコ屋の中の遠くの位置を見るということです。

パチスロを打っているときは基本的にパチスロ台(近い位置)だけをジーっと見ているので目に疲労が溜まりやすくなります。たまにパチスロ台以外の遠くを見ることで、目のピントが調整されて目にかかる負担を減らすことができますよ。

注意点としては、遠くにいる見知らぬ人をじっと見るのはやめましょう。もし相手が怖い人だと「さっきから何ジロジロ見とんねんワレ!おぅ!」とか言われて絡まれてしまう危険性もありますので、くれぐれも人はじっと見ないように気を付けましょう。

体力をつけて適度に休憩する

加齢による体力低下への対処方法は、運動して体力を付けること。そして、無理をせずに休憩することです。

私も20代の頃までは昼ご飯抜きで丸一日打ち切れましたが、30を過ぎてからは昼ご飯抜きで終日打ち切るのは流石にきつくなりました・・・。

今では滅多なことが無い限り、たとえ設定6をツモっていたとしても昼ご飯は食べるようにしています。ストイックな人の中にはツモったら飯抜きは当たり前という人もいますが、私は身体を痛めつけてまで稼ぎたいと思わないので。

後は、体力を維持するために意識して運動をするようにしています。といっても、軽い筋トレとウォーキングとかですけどね。運動もある程度の期間続けられなければ意味がないので、軽めで嫌にならない程度でやってます。

当たり前のことですが、体力低下に対しては体力を付けるか適度に休憩を取って体力を回復するかのどちらかしかありません。

やり過ぎない熱くなり過ぎない

過度なストレスに対する対処方法は、やり過ぎないこと、熱くなり過ぎないことです。

パチンコ屋はものすごくストレスが溜まりやすい場所です。特に負けているときのストレスは半端じゃないです。ストレス発散のつもりで行ったパチスロでたくさん負けて余計ストレスが溜まったという人も少なくないはずです。

せっかく楽しみに行ったのに逆にストレスを溜めて帰ってくるなんて本当に馬鹿らしいことです。ですので、パチスロを打つ第一の目的は楽しむためだということを忘れないようにしてください。

そして、ストレスを大きく感じるほど状態になってきた場合には、それ以上は熱くならずに潔く帰るようにしましょう。

ストレスによるイライラや精神的なショックは確実に頭痛の原因になります。私も今までにストレスで何度となく頭痛を起こしてきました。

お客さんを熱くさせてお金を使わせるのがパチンコ屋のやり方ですので、そこはあくまで冷静に楽しむためのパチスロと割り切って楽しむようにしましょう。

結論としてパチンコ屋の中は頭痛を起こしやすい

疲れて倒れ込む男性

ここまで、パチスロによっておこる頭痛に対する対処方法を私の経験を含めて書いてきました。

対処方法を書いてきてこんなこと言うのも何なのですが、はっきり言って頭痛を起こしやすい人がパチンコ屋に出入りすることは好ましいとは言えません・・・。

この記事では何度も言いましたが、パチンコ屋の中は頭痛を誘発する要素満載の特有の環境だからです。

それでも俺はパチスロを楽しみたいんだ!というパチスロ大好きな方は、この記事に書いた対処方法を使いつつ、しんどくならない程度にパチスロを楽しんでいただければと思います。

ただし、どれだけ対処しても頭痛を起こしやすい環境に自分が好き好んで行っているということを自覚することは必要だとは思います。

この記事を読んで、パチスロで起こる頭痛が少しでも軽減される方がいれば嬉しいですm(__)m