広告

マスクを付けて座る男性

悩み

「コロナの影響でスロプロとしての収入がゼロになり、目の前が真っ暗になった・・。」

「コロナの影響でスロプロとしての収入が途絶え、急に将来が心配になった・・。」


現在、新型コロナウィルス蔓延の影響で、全国の多くのパチンコ店が休業を余儀なくされています。

コロナの影響で、スロプロとしての収入がいきなり途絶え、多くの不安や悩みを抱えている人も少なくないでしょう。

実際、この記事を書いている現役スロプロの筆者も、今回のコロナの影響でいきなりパチスロによる収入がゼロになりました。

筆者はスロプロという生き方の不安定さや不毛さは理解しているつもりでしたが、今回のコロナショックで改めてスロプロという生き方の儚さを痛感しています。

本記事では、現役スロプロの筆者が、

  • コロナショック中のスロプロの現状
  • コロナ後のスロプロの見通し
  • 今後のスロプロにおすすめすること

などについて書いてみました。

良ければ、参考にしてみてください。

広告

コロナショック中のスロプロの現状

地図上で何かを探す男性

筆者は4/11に稼働をしたのが最後で、4/12からこの記事を書いている5/7現在まで一切パチスロを打っていません

パチンコ店への休業要請が始まってからは、ずっと家に籠って、毎日、このブログの記事をコツコツと書き続けています。

現状、それなりに預貯金があり、コロナの影響でスロプロ廃業の危機という訳ではないですが、家賃などで毎月15万円ほど支出があるので、この状況が長引けばしんどいです。

筆者の周りのスロプロたちも同じような状況で、全くパチスロは打っていないようです。おそらく、みんな預貯金を取り崩しながら生活していると思います。

ちなみに、筆者の住んでいる地域ではパチンコ店への休業要請が5/7以降も続くようで、最長で5月末までパチスロを打てない日々が続きそうです。

4月はまともに稼働できずに6万円のマイナス収支で終わり、このままいけば5月も全くの無収入ということになりそうです。

コロナ後のスロプロの見通し

方位磁石を持つ手

仮にパチンコ店への休業要請が全面的に解除されたとしても、今後の見通しはスロプロにとってかなり厳しいものになりそうです。

その理由は、お分かりのように、今回のコロナの影響でパチンコ店に以前のように出玉を出す余裕が無くなったからです。

現状、コロナの影響で休業を余儀なくされているパチンコ店は毎日赤字を垂れ流している状況で、休業期間が続いている今現在もその赤字の額は増え続けています。

したがって、コロナの影響による休業要請が明けてからしばらくは、その赤字分を回収する営業が続くことが予想されます

もちろん、回収営業とは言っても完全なベタピン営業をするパチンコ店は少ないと思いますが、今までに比べて高設定を使えなくなることは確実です。

パチンコ店が出せない理由はコロナ以外にもある

それでなくても、昨今、多くのパチンコ店は、パチンコ、パチスロに対する出玉規制とホール内全面禁煙化の影響で客数が減少する傾向にありました。

そのようにただでさえも苦しい状況下で今回のコロナショックが起こり、パチンコ店はまさに”泣きっ面に蜂”という状態にあります。

加えて、休業要請に従わないパチンコ店に対するバッシング報道などによって、世の中のパチンコ業界に対するイメージはさらに悪くなってしまいました。

あくまでも推測ですが、今回のイメージダウンによって、規制などによるパチンコ業界への締め付けがさらに厳しくなることも考えられます。

このように、休業要請で赤字が増えたということ以外にも、パチンコ店が出玉を出せない理由はたくさんあり、その見通しは今後も明るくありません。

スロプロは今後のことを真剣に考えるべき

パチンコ店が今までのように出玉が出せなくなるということは、当然、パチンコ店の還元出玉を狙うスロプロも勝ちにくくなるということです。

しかも、そういったパチンコ店の状況は今後も長く続くことが予想され、今後その状況が好転することも残念ながら期待できません。

今現在、筆者と同じようにスロプロ生活をしている人は、この機会にスロプロで生活できなくなったときのことを真剣に考えておく必要があるでしょう。

広告

今後のスロプロにおすすめすること

山の頂上に立つ男性

今回のコロナショックでスロプロとしての収入がいきなりゼロになり、急に将来のことが不安になってきたという人も少なくないと思います。

筆者自身も、今回のコロナショックでスロプロ生活の不安定さと不毛さを改めて感じ、以前にも増して、今後のことを真剣に考えるようになりました。

今後パチスロに収入を依存するのは非常にハイリスク

今後、スロプロ生活を取り巻く環境は間違いなく悪化し、次第にパチスロで生活するということ自体が難しくなっていくことも考えられます。

このような状況の中で、今までと同じようにスロプロ生活を続け、パチスロでお金を稼ぐことだけに収入を依存するというのは非常にハイリスクです。

コロナウィルスの蔓延の第2波、第3波が起こる可能性は十分に考えられ、この先、今と同じようにスロプロとしての収入がゼロになる可能性も十分にあります。

したがって、今スロプロとしての収入しか無い人は、今後、いきなり収入がゼロになることを想定して、今からパチスロ以外の収入を作っておくべきです。

スロプロにおすすめの仕事とは?

とは言っても、このコロナ不況の中、アルバイトを見つけることは難しく、また、アルバイト先での人間関係が煩わしいからスロプロをしているという人も少なくないでしょう。

そこで筆者がおすすめしたいのは、インターネットを使って仕事をするということです。

インターネット上でなら、コロナ不況の中でもすぐに仕事を始められ、また、煩わしい人間関係に悩まされることもありません。

インターネットを使って行う仕事には、具体的に以下のようなものがあります。

インターネット上でできる代表的な仕事

  • アフィリエイト、ブロガー
  • 転売、せどり
  • ユーチューバー
  • ウェブデザイン、ホームページ制作
  • ライター、文字起こし など

このようなインターネットを使ってする仕事は、インターネット環境とパソコンがあれば誰でも簡単に始めることができます。

また、せどりと転売をする以外は、仕事を始めるための資金もほとんど必要なく、万が一、仕事が上手くいかなかったとしても失敗のリスクがほぼありません

筆者も現在、スロプロをしながらこのブログを運営し、毎日、わずかながらの収入を得ることができています。

今回のコロナショックでスロプロの収入の不安定さが身に染みたので、今後はさらにブログの運営に力を入れていくつもりです。

まずはスロプロの片手間で始める

スロプロを続けることに不安を感じている人は、まずはスロプロの片手間でもいいので、インターネットを使って仕事を初めてみることをおすすめします。

もちろん、インターネットで仕事を初めてもすぐには多くの収入は得られませんし、それなりの収入を得られるようになるまでにはある程度の時間がかかります。

しかし、たとえ少しでもパチスロ以外から収入を得られるようになっていれば、今のようにスロプロの収入が全くゼロになったときでもパニックにならずに済みます

ですので、まずはスロプロの片手間の副業でインターネット上で仕事を始め、それなりに収入が得られるようになれば、スロプロから足を洗うことを考えればよいでしょう。

はっきり言って、スロプロの未来は明るくありません。もしかしたら、スロプロが存在しなくなる日も来るかもしれません。

沈没することが分かっている船にずっとしがみついていても時間の無駄です。取返しが付かなくなる前に、少しでも早くパチスロ以外の収入を作ることをおすすめします。

広告