広告

ミリオンゴッド凱旋でゴッドインゴッド

パチスロは6号機時代に突入し、パチンコ店にあるスロット機は徐々に出玉性能が低い6号機がメインになってきました。

6号機の一番がっかりする点と言えば、純増が2400枚に達した時点で強制的にATやARTが終了してしまうという2400枚規制です。

この規制のお陰で、今までのようにパチスロで大勝ちする機会が減ってしまったと嘆いている人も少なくないでしょう。

でも、安心してください。まだパチンコ店には大勝ちしやすいスロット機はあります。

そして、大勝ちしやすいパチスロなら、たとえ低設定でも大勝ちすることは可能です。

この記事では、まだパチンコ店にある大勝ちしやすいパチスロを、筆者の独断と偏見によるランキング形式でご紹介します。

広告

大勝ちしやすいパチスロの特徴

サラリーマン番長で超継続

一撃万枚などが射程圏内で、大勝ちがしやすいパチスロには共通した特徴があります。

以下、その特徴について簡単に説明します。

1G当たりの純増枚数が多い

ATやART中の1G当たりの純増枚数(※)が多ければ多いほど、メダルの増加スピードが速くなり、一撃万枚などの大勝ちが狙いやすくなります。

※1G当たりの純増枚数とは

ATやART中1回転ごとに獲得できるメダルの平均枚数のこと。例えば、1Gの純増枚数が2枚なら、100G回せば平均200枚のメダルが獲得できる。

例えば、”1Gの純増枚数3枚のAT機”と”1Gの純増枚数2枚のART機”をそれぞれ500G回した(ATとART中)とします。

すると、純増3枚のAT機では1500枚獲得できるのに対して、純増2枚のART機では1000枚しか獲得できず、同じ500Gを回して獲得できるメダルに500枚の差が生まれます。

このように、1G当たりの純増枚数が高ければ高いほどメダルが増えるスピードが速くなり、一撃で多くのメダルを獲得できる可能性が高くなるので大勝ちしやすいと言えます。

ただし、6号機のパチスロは最大2400枚のメダルを獲得した時点で強制的にATやARTが終了してしまうので、1Gあたりの純増枚数が多くても大勝ちしやすいとは言えません。

上乗せ性能が高い

1G当たりの純増枚数がそれほど多くなくても、ATやART中ゲーム数の上乗せ性能が高ければ、一撃万枚などの大勝ちを狙いやすくなります。

例えば、”平均100G継続する純増3枚のAT機”と”平均200G継続する純増2枚のART機”では、一回当たりの獲得枚数は純増2枚のART機の方が100枚多くなります。

このように、1G当たりの純増枚数がそれほど多くなくても、ATやART中の上乗せ性能が高ければ、一回当たりに多くのメダルが獲得できる可能性が高くなるので大勝ちしやすいと言えます。

一撃で勝負を決めるトリガーがある

低設定のパチスロで大勝ちしようと思えば、いかにして一回のATやARTで多くの出玉を獲得できるかが肝になります。

一回のATやARTで多くの出玉を獲得するには、そのフラグを引ければ一撃で多くの出玉が期待できるという強力なトリガー(引き金)が必要です。

強力なトリガーの例としてはミリオンゴッド凱旋の“GOD揃い”などがあり、一度そのトリガーを引ければ一撃で多くの出玉が期待できるので低設定でも大勝ちが狙えます。

もちろん、こういったトリガーは出現確率が低いので簡単に引くことはできませんが、もし引ければ大きなマイナスからの大逆転勝利も狙うことが可能です。

大負けするリスクが高く精神的に疲れる

低設定でも大勝ちしやすいパチスロは、AT、ART中の出玉性能が優れている反面、通常時のAT、ARTの初当たり確率が非常に低くなっています。

したがって、低設定でも大勝ちが狙えるパチスロは初当たりまでに多くの投資が必要なことが多く、その分、大負けするリスクも高くなるというデメリットがあります。

また、大勝ちしやすいパチスロを打っていると、5万円使って7万円返ってくるなどの荒い展開になることも多く、そういった展開によって精神的に疲れるというデメリットもあります。

低設定でも大勝ちしやすいパチスロランキング

バジリスク絆でカンスト

以上の特徴を踏まえ、筆者が独断と偏見で選んだ低設定でも大勝ちしやすいパチスロランキングを発表します。

いずれも2020年5月現在は現行のパチスロ機種なので、実際にパチンコ店で打つことが可能です。

大勝ちしやすいパチスロランキング

  • 第1位:ミリオンゴッド-神々の凱旋-
  • 第2位:聖闘士星矢 海王覚醒
  • 第3位:沖ドキ
  • 第4位:押忍!サラリーマン番長
  • 第5位:パチスロ黄門ちゃま喝

第1位:ミリオンゴッド-神々の凱旋-

ミリオンゴッド神々の凱旋

導入日 2015年4月
メーカー ユニバーサルブロス
タイプ AT機 5号機
1Gあたりの純増枚数 約3.0枚

「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」は4号機爆裂AT機ミリオンゴッドの7代目。

パチンコ店にある現行のパチスロ機の中では一撃の出玉性能はトップクラスを誇ります。

”GOD揃い”や”赤7揃い”の一撃トリガー、また”G-STOP”や強力なゲーム数天井など、どこからでも一撃大量出玉が狙える荒波仕様のゲーム性となっています。

1Gあたりの純増枚数が多いので、短時間勝負やアフターファイブからでも十分に大勝ちが狙えます。アメグレが流れれば悶絶必死です!

第2位:聖闘士星矢 海王覚醒

聖闘士星矢海王覚醒

導入日 2017年7月
メーカー 三洋
タイプ ART機 5.5号機
1Gあたりの純増枚数 約2.0枚

「聖闘士星矢 海王覚醒」は旧基準機ほど1Gあたりの純増は多くはありませんが、強力な上乗せ性能により十分に大勝ちが狙える5.5号機の爆裂ART機です。

聖闘士RUSHは最低100G以上スタートで、”黄金vs海将軍激闘”や”幻魔拳フリーズ”、”千日戦争”などの一撃で大量獲得できるトリガーも豊富にあります。

純増が遅い分、大量の出玉を獲得するには時間がかかりますが、上乗せ性能が非常に高いので、一度でも大量の上乗せをすれば閉店まで終わらないことも珍しくありません。

第3位:沖ドキ

沖ドキ

導入日 2014年8月
メーカー アクロス
タイプ AT機 5号機
1Gあたりの純増枚数 約3.0枚

「沖ドキ」は、ハイビスカスランプ点灯でボーナス確定のシンプルなゲーム性ですが、その素顔は超荒波の爆裂AT機。

BIGボーナスの1G連やボーナス終了後32G以内の連チャンゾーンなど、ボーナスの連チャン性能が非常に高く、一撃で大量メダルの獲得が可能で、低設定でも十分に大勝ちを狙えます。

上位連チャンモードである”超ドキドキモード”に入れば、ボーナス終了後32G以内に90%ループでボーナスが延々と当たり続け、最高で100連以上することも!

第4位:押忍!サラリーマン番長

押忍サラリーマン番長

導入日 2014年9月
メーカー 大都技研
タイプ AT機 5号機
1Gあたりの純増枚数 約2.8枚

「押忍!サラリーマン番長」は1Gあたりの純増が2.8枚で、ツボにはまれば一撃で5000枚以上のメダル獲得も狙えるAT機です。

”絶頂RUSH”や”頂SRUSH”、”超番長ボーナス”など、一撃で大量にメダルの獲得を期待できるトリガーも多数あり、ゲーム性自体も非常に面白く飽きません。

ただ、「押忍!サラリーマン番長」のパチンコ店での設置期限は2020年7月24日までとなっていて、後わずかの期間しか打てません。

「押忍!サラリーマン番長」で万枚を狙うなら今しかありませんよ!

第5位:パチスロ黄門ちゃま喝

パチスロ黄門ちゃま喝

導入日 2015年1月
メーカー オリンピア
タイプ AT機 5号機
1Gあたりの純増枚数 約2.5枚

「パチスロ黄門ちゃま喝」は1Gあたりの純増こそ2.5枚にとどまりますが、AT中の上乗せ性能が非常に高く、低設定でも一撃で大量出玉の獲得が期待できます。

主な上乗せ契機の”印籠チャンス”は方法や期待度が違う4種類があり、自分で好きな選択比率の抽選を選ぶことができるという特徴もあります。

最低100G以上の上乗せが確定する”家康降臨”はフリーズ時間が長ければ長いほど上乗せが続き、なんと約7.3%以上の確率で300G以上の上乗せが発生します!

他にも”土下座フリーズ”や”返り咲き”など、一撃大量出玉が期待できるトリガーも豊富にあり、短時間勝負でも十分に大勝ちが狙えます。

広告