広告

たくさんのメダル

どうも、やまっするです!

この記事では、

「ぶっちゃけスロプロってどうなの?」
「今からスロプロになってもお金を稼げるのかな?」
「スロプロの実情を知りたい。」

そんな疑問にお答えします。

現役スロプロの筆者が、スロプロの実情について書いていきます。

広告

お金は稼げるが、スロプロはおすすめしない

止める男性

結論から言うと、今からスロプロになってもお金を稼ぐことは可能ですが、スロプロとして生きていくことはおすすめできません

ぶっちゃけると、パチスロでお金を稼ぐことはそんなに難しいことではありません。パチスロで勝つためにやることさえやっていれば、月に20~30万円くらいなら稼ぐことはできます。

実際、筆者自身も去年までコンスタントに毎月30万円以上をパチスロ、パチンコで稼いできています。(※最近の収支はこちらのページ→プロフィール

この話を聞いて、

「パチスロだけで毎月20~30万円を稼げるなんて楽で最高やん!スロプロ目指すやん!」

と思っているあなた、ちょっと待ってください。

確かに、スロプロは毎日パチスロを打つだけでお金を稼ぐことができます。会社員のように毎日満員電車に揺られて通勤する必要も、わずらわしい人間関係に悩まされる心配もありません。

もちろん、適当にパチスロを打っているだけではお金は稼げないので、勝つためにはやるべきことはしっかりとやる必要はありますが、パチスロが好きな人にとってはそこまでの苦労は感じないでしょう。

しかし、良いところだけ見れば、ストレス無く気楽にお金が稼げるように思えるスロプロですが、実情はそんなに良いところばかりではありません。

実は、スロプロとして生きていくということは、同時にたくさんのデメリットを抱えて生きていくということになるのです。

スロプロとして生きることのデメリット

頭を抱えるパチスロで負けた男性

具体的に、スロプロとして生きることはどんなデメリットを抱えることになるのかを説明します。

デメリットはたくさんあり過ぎて全部書くことは難しいので、その中でも特に大きいと思われるものをピックアップします。ピックアップしても6つもありますが・・・。

1.先行きが不安でメンタルがもたない

スロプロ生活の先行きは常に不透明です。今日まで順調にパチスロでお金を稼げていたのに、明日からは全く稼げなくなる可能性があります。

当たり前ですが、スロプロは会社員のように毎月決まった額のお金をもらえるわけではありません。自分がパチスロで稼いだお金だけが唯一の収入源です。

パチスロで勝てなくなったらいきなり収入が途絶えます。もちろん、何の補償もありません。貯金がなくなればその時点でゲームオーバーです。

スロプロとして生きていくには、死ぬまでパチスロでお金を稼ぎ続ける必要があります。つまり、ずっと明日以降のことを考え続けなければならず、気が休まることがありません。

例えるなら、スロプロとはパチンコ屋に通う日雇い労働者のようなもんです。ですので、病気をしたり、身体が動かなくなったら途端にお金を稼ぐことができなくなります。

そして、スロプロとして生きていく限り、この悩みは永遠に続きます。あなたは、常に将来の不安を持ち続けて生きていきたいですか?

2.結婚は無理。彼女作るのも難しい。

基本的にスロプロは結婚できません。というか、明日の収入がどうなるか分からない人間が結婚なんかしたらいけません。

また、スロプロは彼女を作ることすら難しいです。20代ならまだセーフかもしれませんが、30代を過ぎたらもう完全にアウトです。30代でスロプロは絶対に相手にされません。

そらそうでしょうよ。いい歳して仕事もせず、毎日パチンコ屋に通っているダメ人間と誰が付き合いたいと思いますか?

筆者も30を超えてからは女子を口説く勇気が無くなりました。いい歳したスロプロのオッサンが「俺と付き合おうや!」とは申し訳なくてとても言うことができません・・・。

3.職業を人に言えない

スロプロは社会的には無職です。スロプロと言えば何となく格好良く聞こえますが、実際は毎日パチスロを打っているニートですからね

職業を聞かれる機会って結構あると思いますが、スロプロはそういったときに堂々と職業を言えません。これが結構しんどいんですよね。

聞かれた相手が見知らぬ他人なら適当に誤魔化しとけば良いのですが、親や親戚などに聞かれた時が一番返答に困ります。

私の父は、私がスロプロだということは知らないので、実家に帰ったときにはいつも何となく気まずい気持ちになってしまいます。

4.社会的な信用がゼロ

当然ですが、スロプロは社会的な信用が全くありません。社会的な信用は「ゼロ」です。

社会的な信用が無いので、普通の社会人に比べて賃貸物件を借りるときの審査が厳しくなります。もし、あなたに連帯保証人になってくれる人が周りに居なければ、部屋を借りることができず一人暮らしもできないでしょう。

もちろん、ローンなんて絶対に組めませんので、大きな買い物をするには一括で支払う現金が必要になります。

また、クレジットカードも基本的には作れないので、クレジットカードは働いているうちに作っておかなければなりません。

5.性格が悪くなる

スロプロはパチスロで勝つことを何よりも最優先に行動します。何しろ、生活が懸かっているので当然です。

しかし、パチスロで勝ちたいのは自分だけではありません。パチンコ屋には他にライバルがたくさんいます。したがって、パチスロで勝つにはそういったライバルとの争いにも勝たなくてはなりません。

スロプロの中には、ライバルに勝つためには手段を選ばない悪い奴もいます。そういった悪い奴は論外としても、スロプロは少なからず他のライバルとの争いに勝ったうえでお金を稼いでいるのです。

言わば、スロプロにとってパチンコ屋の中は戦場です。毎日、戦場であるパチンコ屋でお金を稼ぐために、少しでもライバルよりも優位に立つための方法を考えて行動します。

ただ、そんな風に常にライバルよりも優位に立てる方法ばかり考えていると、次第に「ライバル=他人=敵=邪魔」という自己中心的な考えになり、だんだんと性格が悪くなっていきます

もちろん、性格には個人差があるので一概には言えませんが、筆者はスロプロとして生きているうちに性格が悪くなってしまったなぁと思います。

6.ズルズルとスロプロ生活を続けてしまう

筆者は今もスロプロとして生活していますが、過去にはスロプロから足を洗ってまともな仕事に就いていたこともあります。

でも、残念ながら仕事が長続きせず、結局スロプロ生活に戻ってきてしまいました。

何故そうなってしまうのかというと、まともな仕事をしてお金を稼ぐことに比べれば、パチスロでお金を稼ぐことの方が楽に感じてしまうからです。

もちろん、パチスロでお金を稼ぐのもそれなりの努力が必要です。しかし、まともに働くことの苦労と比べれば全然楽に感じてしまうのです。

問題なのは、一度こういった思考になってしまうと、スロプロ生活から抜け出すことが難しくなってしまうことです。死ぬまでスロプロとして生活できれば問題はないのでしょうが、それは現実的に考えて無理です。

スロプロ生活はいつまでも続けられるものではありません。辞めるなら、できるだけ早い方が良いのです。まだ、他に新しいことを始められる内にに辞めないと取返しがつかなくなります。

でも実際は、筆者と同じように、このままでは駄目だとは思いながらも、ズルズルと流されるままにスロプロ生活を続けている人がたくさんいるのです。

広告

スロプロなんて吹けば飛ぶ。コロナパニックで改めて感じた。

マスクをした看護師

この記事を書いている現在、世界中が新型コロナウイルスの流行でパニックに陥っています。その影響で、筆者の住んでいる地域のパチンコ店は営業さえままならない状況です。

パチンコ店が営業できないなんて夢にも思っていませんでしたが、こんな状況下ではスロプロは当然収入がありません。筆者もこの先2、3ヶ月は貯金を取り崩して食いつないでいく覚悟をしています。

頭の中では、スロプロの明日なんて誰にも分からないと理解しているつもりでしたが、実際にこういうことが起こってしまい改めて自分の無力さを痛感しています。

先のことは何も考えずに、ダラダラと流されるままスロプロ生活を送っていれば、こういった予想もしない事態が起こったときにはまったく成す術がありません。

スロプロなんて一瞬で吹き飛んでしまうちっぽけな存在だなと、筆者は今回のコロナパニックで改めて感じています。

スロプロには絶対になるな。もしやるなら計画的に。

良いアイデア

ここまで書いてきたことに嘘や誇張はありません。全て、筆者自身が体験、経験してきたスロプロのありのままの実情です。

スロプロなんてやっていて良いことなんか大してありません。良いことよりも圧倒的にデメリットの方が多いです。

この記事を読んで、少しでも「スロプロって悲惨やな。」「将来どうなるか分からんな。」と思ったあなたは、絶対にスロプロにはなってはいけません。後々、絶対に後悔します。

それでもなお、「パチスロでお金を稼ぎたいんや!勝ちたいんや!」と思ったあなたには、百歩譲って、計画的にスロプロをやることをおすすめします。

例えば、”○○年○月までスロプロとしてお金を稼ぐ”とか、”○○万円貯めたらスロプロは辞める”とか、期限や目標を決めてやりましょう。そして、目的を達成したらスパッと辞めてください

決して、筆者みたいに流されるままダラダラとスロプロ生活を送ることはオススメしません。ダラダラとスロプロ生活をしていたら、気が付けば50才手前で人生オワタ\(^o^)/てなりかねませんよ。本当に。

広告